敬意を払うことが大切

病院に就職したナースがうまく仕事ができるようになっていくためには、その現場で働いている先輩に気に入ってもらうことがポイントです。女性が多い現場であることもあって、女性同士のしっかりとしたネットワークが出来ていることが多くなっています。そのネットワークの雰囲気も現場によって異なることから、実際についた現場で先輩の様子を見てどうしたら良いか判断をするという処世術が大切となるでしょう。多くの職場では特別に教育担当が決められるわけではなく、実際に必要となる仕事に応じて多くの人に指示していかなければなりません。そのため、一人に好かれるのではなく、誰にも好かれていなかねればならないということが重要なポイントになります。色々なことを教えてもらえるものだと当たり前に考えていると、そういった態度を嫌う人が必ずいるものであり、除け者にされてしまうことになり兼ねません。そのため、基本的な姿勢として一人一人に最大限の敬意を払い、新人らしく下手に出ていくということが大切な考え方となるでしょう。ナースになったことに高いプライドを持っている人が多いことから、プライドの高い人が現場にいるものだという心構えが重要です。そういう人ほど周囲のナースに影響力が大きいため、嫌われてしまうと居心地が悪くなってしまうことは否めません。そういった力関係も考慮して、うまく下手に出て立ち振る舞っていくことで病院での仕事がやりやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です