新人ナースの立ち振る舞い方

看護師の職場で上手く立ち振る舞い、働きやすい雇用環境を作り出すためには、自ら率先してコミュニケーションをとって行く事が大切です。特に新人の場合は、研修期間を終えて本格的に勤務しだす早期の段階で、職場の理想的な上下関係を築く事がポイントとされます。具体的な処世術として挙げられるコツは、既に理解している職種内容でも、わざと先輩ナースに聞いて、コミュニケーションの機会を増やすという方法があります。これは日常的な看護業務であるバイタルチェックや注射、カルテ作成業務など、全ての看護業務に当てはまるもので、既に取得しているスキルでも、わざとできないふりをして、先輩ナースからアドバイスしてもらうことが大切です。反対に、知ったかぶりをする事は厳禁とされ、新人看護師が自己判断で患者にケアを提供する事は大変危険である為、常に上司の指示を仰ぐ事が大切です。また、日常会話の中でも上手く話を聞きだし、良好な上下関係を作り出す事がポイントです。ユーモアのセンスを上手く使い、日常生活でのエピソードを面白おかしく伝えることが良好な関係性をつくりだす秘訣とされます。そして、先輩ナースの話に共感していることを示す為に、臨機応変に相手に相づちを打つスキルも大切で、共感している事を伝えるためのサインを送り、日頃から憎めない性格の持ち主である事をアピールしておく事が、新人看護師が働きやすい環境を作る上で大変役立つでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です